MENU

女性であれば、誰しも健やかで艶々で、コシのある綺麗な髪である方がいいな、と思いますよね。

 

例えば、顔はどんなに美人でも、髪の毛が薄くてバサバサだと魅力がぐんと下がってしまいます。そんなのは嫌ですし、薄毛に悩んでいるならば、それを出来れば自力で解決したい!と思わずにはいられません。

 

 

私も薄毛に悩む人間の1人でした。

 

朝のヘアーセットをしている時に、突然母から「つむじのあたりから髪の毛、薄くなってるよ?」と言われて物凄いショックを受けた事を受けた事を鮮明に覚えています。

 

この記事では、薄毛に悩んで調べた結果、普段の生活で気をつけた方が良いな、と思える豆知識をお伝えしたいと思います。

 

 

薄毛の対策法の一つに、ワカメや昆布を食べるのが良いと聞きますよね。これは、これらの海藻に含まれる、ミネラルやビタミン、そして発毛効果が期待されているフコダインが含まれているからです。これらの栄養素が、髪の毛を健やかに整える役割を果たしているのですね。

 

 

しかし、ここで忘れがちな栄養素がもう一つ。髪の毛の原材料といっても過言ではない栄養素があります。

 

そう、たんぱく質です。髪の毛はたんぱく質で出来ており、体内のたんぱく質が不足していると、髪がペタンとしてしまったり、薄毛の原因になってしまいます。

 

現代の日本人は、脂質は沢山取っていてもたんぱく質が不足しており、厚生労働省の国民健康・栄養調査のデータ(平成24年)からも見てとれ、多くの企業も示唆しています。

 

普段の生活の中で、食事の中に良質なたんぱく質を積極的に取り入れられるように、鶏肉や魚などを、海藻と一緒に積極的に摂ったりしてください。お昼のお弁当を作られる方は、卵焼きにワカメを混ぜて作るのも良いと思います。

 

食事の時間が忙しくて足りない場合は、良質なプロテインなどでたんぱく質を補う事も大切ですので是非食事に取り入れて見てください。プロテインについてはきちんとしたものを選ばないと体に吸収される率が悪くなってしまうので、しっかりしたものを選んだ方がいいですね。